壬生町就労支援施設 むつみの森

「むつみの森」とは・・・

 むつみの森は障がいのある方が在籍している通所型の施設で、平成15年4月に開所しました。壬生町が設置し、壬生町社会福祉協議会が運営しています。平成24年4月1日より壬生町就労支援施設むつみの森と名称が変更となり、就労移行支援と就労継続支援B型を提供する多機能型事業所となりました。利用定員は就労移行支援6名、就労継続支援B型32名です。(空き人数はお問い合わせください)職員は10名で毎週月曜から金曜日まで活動しています。むつみの森では利用者さん一人ひとりに対して個別のニーズに対応した支援を実施しています。

やっている仕事・・・

 むつみの森では室内作業(近隣の企業より請負った軽作業)および、ペットボトル圧縮梱包作業(壬生町より委託)を行っています。 また、苺をはじめとした季節ごとのジャム(9品種、12種類)、ビーズキーホルダー、缶詰パンも製造販売しております。屋外にあるビニールハウスで花苗の栽培・販売もしております。

 むつみの森では各種ボランティアを募集しております。日常の作業に携わってくれるボランティア、縫製ボランティアなどがあります。常時受け付けておりますので、興味・関心のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。お待ちしております。
楽しい行事もあります!

疫病退散「あまびえキーホルダー」好評発売中

 新型コロナウイルス感染拡大の収束を願って、むつみの森では、疫病から人々を守ると言い伝えのある妖怪「アマビエ」のビーズキーホルダーを製作しました。
 デザインは、妖怪の恐ろしいイメージを変え、子供さんにも喜んでいただける柔らかい表情のキーホルダー8種類が出来上がりました。
 このキーホルダー作製の趣旨に賛同いただいた、町の総鎮守である雄琴神社でご祈祷をいただき、神社の名前が入ったタグを付けることで、疫病退散のお守りとしてご利用いただければと、価格も200円と手頃な設定としました。
 現在もむつみの森では利用者が日々作製に励んでおりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

販売先
・壬生町就労支援施設「むつみの森」
・保健福祉センター
・ケーキハウスヒガノ
・割烹 山水亭
・しもつけ彩風菓 松屋
・DMSストア獨協医科大学病院店
・みぶハイウェーパーク みぶのやおやさん
・有限会社 増田屋本店


   TEL:0282-82-6174E-mail:mutsumi@mibu-shakyo.net